この世の果てまで、小説を持って。 私の心をどんな色にも染めてくれる小説。どんな世界でも見せてくれます。

Category Archives: わたくしごと

友人への誕生日プレゼントを探しに

友人への誕生日プレゼントに悩んでいます。私の時はブックカバーとしおりをもらったのですが、その子はそんなに本好きのイメージは無いですし…自分の好きな物を贈るのも良いですが彼女の好きな物を贈りたいです。ちなみに去年良い香りのボディミストを贈って、その前はお洒落な眼鏡ケース、その前は可愛いハーフパンツだったかな。毎年すごく喜んでもらえて嬉しいのですがそろそろネタ切れになってきました。プレゼントを考える時間もプレゼントとはよく言ったもので、たしかに考えている時間、ずっとその人の喜ぶことは考えています。貰う側としてはその時間も嬉しいですよね。(友人よ!ずーっと悩んでいるよ!笑)
年々プレゼント選びの時間が長くなっているような気がします。決まる時はスパッと決まるのですけどね。でもあっちへプラプラこっちへプラプラとお買い物に歩くのは楽しいです。友人へのプレゼントより先に自分の欲しいもの見つけちゃったりして(笑)
今回もずっと悩んでいますがなかなか思い浮かばないので次のお休みにはアイディア探しの旅に出ようと思います。いっぱい歩くかもしれないので歩きやすい靴で、休憩にカフェに入った時用の小説を1冊。うん!楽しみになってきました。良いものが見つかりますように!

断捨離って難しい…

こないだのお休みに断捨離を行いました!
なんとなく読んでいた雑誌に断捨離特集をやっていて「スッキリ、シンプル、丁寧に」って響きになんだかとってもときめいてしまいまして。たまーに使うものがごちゃごちゃたくさんあるより、本当にお気に入りのよく使うものだけがいくつかある方がいいなって思いました。物が少ないとお部屋も広くなりますし、お掃除も楽で良いことだらけ!絶対に今度のお休みにはおもいっきり断捨離するぞ!と息巻いていたのですが…いざやってみるとなかなか難しいものですね(汗)
お洋服から始めたのですが半分くらいにするつもりが三分の二も減ってないくらい…?断捨離にはほど遠くちょっとお洋服の整理程度になってしまいました。
続いてバッグやアクセサリーもしましたがバッグはなかなか捨てきれず、年齢的に合わなくなったアクセサリーは捨てれたけど物が小さいのでイマイチ断捨離感が乏しい…。結局不完全燃焼のままその日は終わってしまいました。
昨日その話を友達にすると断捨離するのにすごく勉強になる良い本があるから今度貸してあげると言われました。読んでみるのがすごく楽しみです♪
しっかり勉強してまた断捨離リベンジしたいと思います!

開けてしまった昔の恋の思い出

先日、押し入れの整理をしていたら片隅で小さい段ボールを発見しました。ちょっとギクリとしつつ開けてみると思った通り、昔好きだった人との思い出グッズたち。よく一緒に聴いたCDやデートで行った映画館や動物園の半券、プレゼントしてもらったアクセサリー…当時は号泣しながらこの段ボールに詰めたんですよね。当時の私には「捨てる」・「忘れる」ということができませんでした。でも見ると泣けてきてつらくなってしまう…捨てた方がいいと思いつつ、そうできない当時の私は「しまう」という選択をしました。さすがに今はもう悲しいとか寂しいって気持ちは無いし、今がとても幸せですが、なんだか心がぎゅっとなるような不思議な感覚です。もう連絡を取ることはないけれど彼には感謝しかありません。ありがとう。
本が好きだと言った私に初めてプレゼントしてくれたのがしおりでした。金箔で猫の絵が描いてある可愛いデザインです。このしおりだけ残してあとは全部処分しました。…って普通このしおりも捨てるべきなんですかね?!(笑)未練がましいかな?(笑)
でも悪い思い出や消し去りたい過去では無いので、良い思い出としてとっておきたいって思います。あーこんな恋をしたなぁってたまに振り返るのも、自分のこれまでの軌跡の一部なんですから悪いことじゃないですよね。

花開く時にたてる音を聞きたい

大きな池のある公園へ出掛けることがあります。その池は公園の真ん中に君臨しており、近くにある動物園からも、また動物園を走るモノレールからも見ることができるのが魅力です。私はなぜかこの池が大好きで、最寄りにある美術館を訪れ帰りには決まって立ち寄ることにしています。
何故こんなにも惹かれるかというと、ハスが植わっているからかもしれません。ピンクと白のコントラストが美しくかつ艶やかな花は、どこかしとやかさを感じるため眺めていると心がふんわりと和むのです。ある冬にここを訪れた時には、根っこが水にひしめいていて、泥と茶色くなった茎と根が絡まる姿に貫禄を覚えたと共に、とてつもない力を感じたのでした。そして美しさとタフな生命力を兼ね備えた二つの姿に魅了され、四季折々の姿を観賞したいと思ったことが心に残っております。
ふとそんなことを思い出すきっかけとなったのは、とある小説にあった「ハスの花が開く時に小さな音がする」という文章でした。夜は花弁を閉じ、朝になるとまた開くそうで、その際に小さくにわかな音を発するそうです。以前にもこの話をどこかで聞いたことがあるような気がしますが、それは遠い昔過ぎて覚えていません。「開く時の音はどんななのだろう」と考えても想像できず、一度は聞いてみたいという思いに駆られております。もしその神秘を感じることができたら、私の中の何かが変わるのではないかという淡い気持ちが胸の中に沸々と湧きおこるのでした。

ぜひ作ってみたい乾物レシピ

お友達の部屋のリビングの窓辺に、素敵な一冊の本が立て掛けられていました。それは乾物を使ったレシピが納められた書籍でした。ひじき、高野豆腐、切り干し大根や麩などを利用した手軽で栄養満点なおかずは、どれも非常に魅力的でした。特に高野豆腐のステーキや麩のピザは、和と洋のコラボレートを思わせるなかなか斬新な組み合わせでもあります。私はこの日、その本を見ながら作ってみたい料理を丁寧にメモして帰宅したのでした。その後時々あの日のメモを参考にして、料理にいそしむことに余念がありません。
さて、私がとても印象に残っているのはこの書籍の後ろに図書館の貸し出しカードが入る小さなポケットがついていたことです。友人に訪ねてみたところ、近所の小学校で地域住人への本の貸し出しをおこなっているとのことで、そこで借りたと話してくれました。そのポケットには借りた日付が刻まれており、たくさんの方々がこの作品を手にしてきたことが分かりました。ぼんやりとカードが入るポケットを眺めながら、みんなのお気に入りレシピはどれだろうと想像するのも楽しくて、この本が地域に住む人々のよき時間を提供していることも興味深く思いました。私も自分が住む町がおこなっているサービスを積極的に利用していこうと思っております。

さよならの気持ちこ込めて読みたいマンガ

近所にある小さな本屋さんを訪れた日のことです。もうかれこれ十年以上前からファンであったマンガ家が手掛けた新作が棚に並んでいました。この方は今まで数えるほどしか著書を発表していないこともあり、それを見つけた時はとても嬉しくて、すぐさまレジへ向かったのでした。
帰宅後、本の帯にふと目をやると「追悼」と書かれており、この二文字を見つけた瞬間、著者がこの世を去ったことを知ったのでした。この漫画家の作品に初めて出会ってから長い月日は経ており、落ち込んでいる時、楽しい時、一日が終わり深い眠りに着く前など、私の心をいつも穏やかなものにしてくれたことを思い出します。そのためとても切なくて、何だか寂しくて、その作品をなかなか読む事が出来ずにおり、同時に「さよなら」の意を込めてじっくりと丁寧に読もうという気持ちも胸に宿っているのです。
近々心地よく晴れた休日の午後にでも、読んでみようかと思っております。なぜなら今まで手にしてきた作品は、どれも穏やかな休日を彷彿とさせるストーリーだったからです。何気ない暮らしをとても丁寧に描き、生きることの幸せを感じさせてくれた著書達は、これからもずっと私の心に刻まれ続けることでしょう。購入したあの一冊の本は、感謝の気持ちを込めて大切に心に刻もうと考えております。

マカロンとシャンパンでお姫様気分を味わいたい

マカロン、それは甘くて可愛らしいお菓子です。最初に出会ったのはもうずっと前のことですが、初めて食べた時に感じたふんわりとした素材の香りと濃厚なお味に思わず笑みがこぼれたものです。あれから長い年月が経ちますが、いまだに自分へのご褒美として購入することも少なくありません。そんな時いつもりおしゃれな心持ちと、ちょっとしたお姫様気分を味会わせてくれます。
このお上品なお菓子はフランス発祥だそうです。先日読んだフランスの食事事情を紹介した本にも書かれており、マカロンで有名な街も紹介されていました。どうやらこの本の著者もマカロンの大ファンのようで、ご当地である街を訪れて食したことが書かれていました。それを読んだ時「なんてうらやましい」と指をくわえてしまいました。また本には1キログラム購入してシャンパンと共に食べたいという願望も書かれており、私も思わず賛同したのでした。あっさりとした辛口なシャンパンとマカロンの相性はぴったりだと思い、想像しただけでもとても幸せな気分になります。小さいながらに非常に手が込まれたスイーツなためお値段は高めです。しかしながら1キログラムは無理だとしても、1、2個購入してシャンパンと嗜む位ならできるのではないかと思います。近々計画を実行しようと考えております。

ワンコに振り回された休日

先日のお休みはうちのワンコに振り回されました。実はその日、読みたいと思っていた本の発売日でした。でも、ワンコをシャンプーにも連れて行かなければいけなくて、動物病院にもちょっと用事がありました。その上、銀行と仕事で使う小物の買い物に行く予定もあったんです。だから、どうすれば時間を有効に使えるかと考えてスケジュールを組みました。シャンプーには予約の時間があるから、まずペットショップにワンコを連れて行って、預けている間に動物病院に行って、それから銀行に行き、書店に行って、その後に小物の買い物をすることにしました。意外とスムーズに用事を済ませることができて、念願の新刊も買うことができました。いったん家に戻ってホッと一息です。そしてカバンからまだインクの匂いのする新しい本を出して、「さぁ、読もう」としたときです。シャンプーが終わったとの電話がかかってきました。仕方がありません。読書はお預けだけど、とりあえず迎えに行かなきゃ。でも、迎えに行ったら、ペットショップの人に言われたんです。「キャンディちゃん、お耳の病気がまだ全然治ってないですよ」って。まさか! もうそんなに赤くないし、痒がらないから、治っているものとばかり思っていたんです。ペットショップを出て、そのまま動物病院に直行でした。あらたにお薬をもらって帰宅したら、今度はお散歩です。なんだか疲れ果ててしまいました。結局、私の読書は翌日に持ち越しでした。まぁ、耳の病気には気が付いて良かったんですけどね。そう思わないとやってられません。

人間は贅沢です

食べ物でも飲み物でも、同じものばかりだと飽きますよね。私はコーヒーが好きだから、毎日、朝から数杯は飲みます。好きだから飽きないと思っていたけど、よくよく考えてみると、それだけしか飲んでないわけじゃないですものね。お茶や紅茶やビールなど、いくつも挙げることができます。以前、雑誌で朝の起き抜けにはレモン白湯がイイという記事を読んで、それからというものコーヒーの前にまずレモン白湯と決めました。コレなら絶対に飽きないだろうから毎日でも大丈夫だと思っていたのに、実は飽きるんです。この前、いつものようにカップにお湯を注いでレモンを入れようとしていたら、なんとなく気が向かなかったんです。正直言って、飲みたくない。まさかのそんな感情に自分でもビックリでした。でも、コーヒーの前に胃を労わるつもりで始めたことだから、そのままコーヒーにしてしまうのは、罪悪感に似た気持ちになってしまいます。じゃあ、お茶かな。ということで、その日の起き抜けは緑茶にしました。そういえば、コーヒーだって、ブラックが基本だけど、ミルクを入れようと思う日があれば、少しだけお砂糖を入れようって思う日もあります。やっぱり全く同じ味が続くと、どんなものでも飽きるんですね。でも、ワンコなんて、うちの子はかれこれ10年も同じフードを食べ続けてるけど、いつも全力で食べています。やっぱり人間は贅沢なんですね。

次読む書籍を選ぶ喜び

時間に余裕がある時、私は散歩をすることにしています。歩くことは体脂肪燃焼にもよい効果があるし、思ってもみなかった素敵な出会いに遭遇することもあるからです。昔から思い入れがある大好きな街、まだ訪れたことのない場所など「今日はここ」と狙いを定めて目的地を訪れることで、素敵なお店を発見することやほっこりと胸に残る風景を目にすることを経験してきました。こうした新発見は私の生活をより豊かなものにしてきたのでした。お店を探求してゆく中で見つけたお気に入りの書店も数多くあり、世の中にはこんなにも個性溢れる本屋があるのだと感じることもしばしばです。ここ最近は特に心惹かれる出会いが多く、たくさんの本を購入してきました。特に古本屋に出向く機会も増えたこともあり安くて魅力的な著書を見つけ、獲得する喜びに胸が躍る毎日です。部屋には購入した戦利品達が詰まれており、一冊ずつ丁寧に時間を掛けて読むことに余念がありません。まだ一度もページを開いていない作品達は読まれることを今か今かと待っているように感じ、買いだめした本を目の前に笑みを浮かべている自分に気付かされることもあります。一冊終えたら次はどれを読もうかと選ぶ楽しみも増えたことで、読書をすることがより充実したものになったのでした。これからもたくさんの良き出会いがあることを望みつつ今日も書籍のページを開いています。