この世の果てまで、小説を持って。 私の心をどんな色にも染めてくれる小説。どんな世界でも見せてくれます。

Category Archives: どこでも

お風呂場で読書をすると本を痛めるので覚悟を

当然のことと言えば当然のことですが、お風呂場で本を読んだ場合、その本は濡れますし、湿気も強いので紙がふやけてしまったりして、だいぶ本のほうは傷んでしまうものです。そのため、お風呂場で本を読むということであれば、その覚悟は持っておくようにしましょう。お風呂場で本を読むのが好きという人は意外と多いものです。たしかに浴槽につかりながら本を読むというのは楽しいですし、本のあるおかげでゆっくりお風呂につかることができたりということもあるので、お風呂場での読書は自分自身もとても好きなのですが、この場所に持ち込む本に関してはやはりそれなりの覚悟を持って持ち込んだほうがいいと思います。言ってみれば、その本が仮にふにゃふにゃになったりしてもいいと思うものを持ち込みましょう。かなり大事で、今後も何度も読みたいとか、保管しておきたいなんていう本は避けたほうがいいかもしれませんし、買ったばかりの本も避けておいたほうがいいと思います。そのため、このような本などは避けておき、もうちょっとどうでもいい本を持ち込むようにしておきたいものです。どうでもいい本はないかもしれませんが、消去法でそのような本を選んでみましょう。

トイレで読んだ本はほかの場所で読まないほうがいい

なぜかトイレの中で読書をおこなうというのは落ち着きますし、なんだかんだで集中して本を読むことができるため、読書には最適な場所という人が多いのですが、このトイレで読んだ本をそのままほかの場所でも読むというのは、自分の家なので自分さえよければいいのかもしれませんが、できることなら自分のためにもやめておいたほうがいいのではないかと思います。やはり、衛生的なことです。自分のものなので、トイレで読んでもいいのでしょうが、いくら自分の中のこととは言ってもトイレで読んだものはトイレ専用ぐらいに考えて、ほかの場所では読まないというふうにしておいたほうがいいのではないでしょうか。そのため、もしもトイレで本を読むくせがあるならば、もうトイレ用の本というものを決めてしまってはどうでしょうか。意外とそのほうがトイレにおける読書タイムがとっても楽しくなったりするものですから、ぜひともそのような形でこれからは読んでいってみてください。しかしながら、本当にこの場所は読書に適していますので、この場所自体で読むことは今後も続けたほうがいいのではないかと思います。やはり、集中できる場所で読んだほうが本はいいものなのです。

ゆるキャラ大活躍

メディアでも大人気のゆるキャラたち、あなたにお気に入りはいますか?自分の実家や住んでいるところのキャラクターであれば、どうしてもひいき目になってしまいますよね。もっと可愛い子やユニークな子は別にいるのだけれど、やっぱり自分の地域のキャラクターは特別に見えます。自分たちの地域を盛り上げようとしているわけですし、「そんなコアなところを?!」とビックリしてしまうような部分を、積極的にアピールしていってくれますしね。そのおかげで町おこしになった土地もたくさんあるようなので、これからも地元のゆるキャラには頑張っていってほしいものです。有名どころで、人気のゆるキャラたちは、様々なグッズも発売されていますよね。その土地にちなんだおやみげであればまだしも、全然関係ないグッズが全国で売られているのを観目にすると、成功しているんだなと感慨深い気持ちになります。自分で生み出したわけでもないんですが、こんな気持ちになるのは変なのでしょうか?最近は、行きつけの本屋さんのゆるキャラコーナーが出来て、特集されている雑誌や、写真集を出しているキャラクターのそれなどが並んでいて、グッズも横に置いてあったりするのを眺めるのが楽しいです。

男性らしい、女性らしい文体とは?

「女らしい文体」「男らしい文体」という感想を聞くことがあるのですが、一体どんな感じなのか、自分でも使うことがあるのに、実はよく分かっていません。なんとなく、「書いている人が男性なのに、女性のような感じのする文章」というときとか、そういう時に使うことは多いのです。あとは、書いている人の性別がよく分からない状態で、勝手に女性だと想像していた作品なんかは、「女性らしい」という評価を出していることが多いです。実際は男性だったりすることありますしね。最近は男性が女性らしいペンネームを使っていたり、反対に女性が男性のようなペンネームを使っている場合もあるので、はじめに間違った思い込みを持って、作品を読んでいることが多いんですよね。マンガや歌手よりも、女性と男性の性別の違いが目に見えにくいのが文体だと思います。私小説だと、その人のバックボーンが見えやすいので、まだ想像出来るんですが、フィクション小説だとそうもいかない場合が多いですしね。とは言っても、男性から見て、女性が書いている男性の小説って、「なんだか違和感がある」ようなことも多いし、逆のパターンも結構多いという意見はよく聞くので、そういう部分から感じ取っているのかもしれません。

酔って買いすぎて困るもの?

私の友人に、酔っぱらうと本ばかり買ってしまう友人がいます。人に迷惑をかける酔い方よりは全然良いんですけどね。化粧品をやたら買ってしまう友人もいて、大量に自宅にストックがある状態がいつでも続いているので、「化粧品ストックが全然なくなっていたら、最近はお酒を飲んでいない証拠だと思って」と周囲の人に言っているそうです。どちらもカードで購入はしないらしいですし、そもそもの単価がそこまで高いものではないので、破産してしまうまで買うことがないような品物である…というのが、唯一の救いかもしれません。酔ったら無人契約機でお金を大量に借りて来てしまうとか、車を購入する手続きをしてしまう人とか、究極を言えば、だれかれ構わずお金を配り歩いてしまうような人もいると聞きますから(もちろん、私の知っている範囲内にはいないので助かってはいますが)、それと比較すると、随分可愛らしいものなのかなとも思います。酔って買ってしまった本や化粧品は、普段気になっていても、なかなか買わないでいるようなものばかりだそうなので、酔ったときくらいはいいのかもしれないですね。ただ、買ったときの記憶があやふや…というのは、いくらか困ってしまうものではありますが…。

都会の満員電車で読書をするのは無茶なんです

読書が好きな人にとって電車の中というのは一番読める場所でもあります。なぜかあの中にいると読書にとても集中できるものですが、ひとつ気をつけておきたいのは都会の満員電車の場合には読書をするのは無茶ということは覚えておきましょう。もちろん昼間であれば問題ないのですが、通勤時間のラッシュの中、本を読むのは無理です。文庫本ぐらいなら読むことができると思うかもしれませんけど、そのレベルであっても無理だと思いますので、電車の中でこのようなタイミングで読もうと思うのはやめておきましょう。人によってはがんばって読んでしまう人もいるのですが、これは結構な迷惑になってしまうものです。まわりの人はあまり文句も言いませんが、かなりの迷惑になっているので、自分で大丈夫と思ってもさすがに混んでいるようなときにはやめておいたほうがいいと思います。もしも、読んでいて段々と混んできたというような場合には、読んでいる途中であったとしてもやめておくようにしましょう。さすがに読書のためにまわりの迷惑になるようなことになってしまったらいけないので、このようなことには気をつけておきましょう。あまりに夢中になりすぎるのもよくないのです。

東野圭吾さんのドラマの原作が読みたい!

昨日、テレビを見ていたら、東野圭吾さんの人気シリーズがドラマになっていました。前からやっていますから、私は好きなのです。けれども、ドラマが好きだから、今度は自分でも東野圭吾さんの小説を読んでみたい気持ちになったのです。
今までは、小説には興味がないけれども、ドラマだけは毎回欠かさないで見ていたから、これからはドラマも見て、小説も楽しめたらいいのにねと思うのです。こんな気持ちになったのは初めてですから、たぶんよっぽど私は東野圭吾さんのドラマが好きなのかなと思います。
私の友人にもドラマのファンはたくさんいて、みんな見ていますが、原作を読んでいる子はいないね。私が原作を読んで、ナビゲーターのようになれたらいいかもしれません。
私は今日これから本屋さんに行って、東野圭吾さんの小説を買ってこようかなと思うのです。よく考えてみたら、私は今までは小説を読んだことが少ないです。最近は、雑誌は買ったことがあったけれども、本屋さんで小説を買った経験はなかったように思います。今後は、少し小説でも読んで、教養を深めていかれたらいいですね。そのきっかけに、東野圭吾さんはなってくれそうです。女の子も小説を読んだら、教養が深められるでしょう。

難しい小説も楽しいよね!

私は難しい小説が好きだから、本屋さんに買いに行っても、とにかく難しい小説を好んでしまうのです。難しい小説は自分が頭がよくなった感覚になるので、その辺が快感で、やみつきになってきます。あなたは、難しい小説を読むことがあるのですか?私の友人は、私が難しい小説を読んでいたら、「よくそんな難しい小説を読む気になるね!」というけれども、私は難しい小説が好きなのです。簡単な小説は、読む気にはならないね。
でも、最近は簡単な小説の方が人気になっていると聞きました、難しい小説を読んでいる子は少ないそうです。出版業界でも、難しい小説を販売しなくなっています。確かに、今は読みやすい小説の方が人気になっているのでしょうが、たまには、難しい小説でも読んでほしいです。私は過去には、難しい小説から、たくさんのことも学んできましたから、役に立つと思うのです。
小説だけではなくて、世の中全体が簡単な方がいいという流れになっていますけれども、それはもったいない傾向です。難しい中にも、価値が高いものがたくさんあるので、私はそういったものがさらに増えていくといいのになと思っています。難しい小説を読み終わった後の達成感は、何物にも代えがたいものがあるのです。

本屋さんに、はまってしまいそう…

今までは、体を動かすことが好きだったけれども、これからは少し内面も充実させていこうかなと思うのです。体を動かすのも楽しいですが、今までは機会がなかった、本や小説を読んで内面を磨いていきたいのです。
そこで、私は昨日は本屋さんに行ってきました。今までは、家の近所に大きな本屋さんがあったのに、行く機会がなかったのです。本好きな友人は年中本屋さんはいっていましたが、私のように本を読まなかった子は行かなかったです。おもしろい本はないのかなと思いいったら、結構本屋さんは混んでいて、みんな楽しそうに本を探していました。
テレビとかでは、日本人は本を読まなくなったとか言いますけれども、実際には、本好きな方はまだまだたくさんいるのですね。私は初めて本屋さんでぶらぶら時間を使いました。小説はこんなにもたくさん販売されているのですね。私はその中から何冊か買いたかったのですが、あまりにもたくさんの本があったので、どの小説を買ったらいいのかが全くわからなかったから、結局は1冊も買わなかったのです。
また、今度本屋さんに行って、気にいった小説があったら読んでみたいなと考えました。本屋さんも行ったら楽しいから、ハマってしまう感じです。

熱中できるものは、ありますか?

友人は本が好きだから、私がほかの話をしたいな!と思っても、年中小説の話になってしまいます。友人は女の子なのに、おしゃれとかには興味がなくて、いつもデニムをはいて地味な子です。でもその分、小説のことが好きでお金はだいたい小説に消えていくそうです。メイクもしないから、女の子なのにめずらしいね。
昨日も友人と話をしていたら、友人は1年間以上も美容院にいっていないらしいのです。美容院に行くのなら、その分小説を読んでいたいらしいのですが、なんか面白いです。美容院にいったら、1回で1万円もかかるから、そのお金があったら好きな小説がたくさん買えていいですね。と言っていました。毎回、自分で髪の毛を切っています。
私はそこまで熱中できるものがないです。友人のように、他のことは何も気にならないのに、自分が熱中できるものがあったら楽しそうです。私は友人の小説好きもうらやましく思っています。
私も友人の小説のように、熱中できるものがあったらいいのにね。でも、おしゃれもできないで美容院に行かれないほどには、熱中できるものは見つけられていないです。あなたはいかがでしょうか?何か心の中から、ワクワクできるようなものはありますか?