この世の果てまで、小説を持って。 私の心をどんな色にも染めてくれる小説。どんな世界でも見せてくれます。

THE FIRST SLAM DUNK

SLAM DUNKの映画『THE FIRST SLAM DUNK』ですが、みなさまは見ましたか?スラムダンクはわたしが子供の頃、読んでドはまりした漫画です。
私は子供の頃から読書好きで、スポーツなんて全然興味ありませんでした。けど、友達からスラムダンク面白いよ!と勧めてもらって漫画を貸してもらい読んでみると……思ってたよりずっと面白くて一気にはまってしまいました。
少年漫画によくある、特殊能力を使ったスポーツでなくて、ちゃんと正統派なところも好感が持てたんです。
思い入れのあるスラムダンクが待望の映画化ということで、上映してすぐに見に行きました。上映される直前まではちょっといろいろあったみたいでバッシングされていましたが、見た人みんな大絶賛でしたね。もちろんわたしも大絶賛です!
はじめてスラムダンクを読んだのが小学5年生だか6年生だったと思うから、登場人物がみんな大人に感じてすごく憧れました。もともと絵柄が大人っぽいってのもあると思うけど(笑)
今、大人になって彼らよりもずっと年上になってしまったけど、こうしてリアルに動く彼らをみてただひたすら感動しました。動く漫画というか、すごい臨場感とスピード感、話の展開は知っているのにも関わらず感動で涙がとまらなかったです。
スラムダンクの漫画は実家にあって手元にないから、電子書籍を買おうかなとおもったら電子書籍版ってないんですね。新装版がでてるようなのでそっちを買ってみようと思います!

本のお手入れ

本はとってもデリケート。ちゃんと保管したり、お手入れしないとすぐに劣化してしまいます。表紙が汚くなっちゃった、ページにシミが、日焼けしちゃったなどなどいろいろトラブルあるかと思いますが、それらもお手入れしたらどうにかなる場合があります。
表紙の汚れは、アルコール入の除菌ウェットティッシュで拭くことできれいになります。案外、表紙って手垢がつきやすくて汚れるんですよね。あとはお掃除で大活躍の重曹も使えます。水やぬるま湯に溶かした重曹を、乾いた布にシュシュっと吹きかけて、本を優しく拭いていきます。たくさん吹きかけると本の表紙がへにゃへにゃになるので注意です。重曹は消臭効果もあるので、お部屋やタバコの匂いが気になる場合も有効です。まさに一石二鳥。
本のページについた油シミも頑張れば取れるんですよ。油汚れなので、油を溶かすものを使います。一番身近にあるものだと除光液が良いと思います。油シミのあるページの下に一枚紙を引いて、コットンなどに染み込ませた除光液を油シミの上からポンポン叩くようにするのがポイント。除光液だとあんまり取れない!って場合は、洋服の油シミを抜くのに使うベンジンが良いみたいです。お値段もそこまで高くなく、ネットで買えます。
本のカバーがかかってない部分の日焼けも、紙ヤスリを使って丁寧に研ぐと、日焼け部分だけが取れてきれいになります。
どのお手入れも大変じゃん!って思った方は、日頃から本の保管の仕方や扱いには気をつけましょう。本は日の当たらない、通気性の良い場所にカバーをつけて保管しましょう。

私は最強

昔はよく雑誌に載っていた星占いを読むのが好きでした。子供の頃、占いやおまじないとかそういった神秘的なものに憧れを持ったりするものですよね。雑誌の星占いにはじまり、おまじないの本、タロットカード占いの本…そんなものをたくさん集めいていました。
最近はすっかり占いとかそういうスピリチュアルなものから遠ざかってしましたが、ふと自分の名前の姓名判断をネットでしてみる機会がありました。今まで自分の名前の姓名判断なんて気にしたことなかったんですけどね。子供の頃、あんなに占いとか好きだったわりに、その辺全然調べてないっていう(笑)結果、すごくいい名前なんだなってことに気づきました。きっと、うちの両親が画数なんか気にしてつけてくれたんだと思います。言われてみたらそんなことを話していたような気がします。感謝しなくては…。
そこからはじまって、自分って実は強運の持ち主なのでは?と謎の自信がわいてきて、インターネット占いで自分の運勢を占ってみることにしました。占いとひとことでいってもすごい数があるんですね。調べたらすごい数のサイトがわんさかでてきました。どれも無料とうたってますが、ある一定まで見ると、ここからは有料ですに切り替わります(笑)すごく続きがきになって思わず課金しそうになりましたが、どの占い師のサイトでも構造が同じだし、気になる点があったので課金は踏みとどまりました…!
占いって結果というより、気の持ちようというか、ポジティブになるようにすることが最大の効果じゃないかと思っています。なので、姓名判断がとても良い私は今後の運勢もきっと最強だと思うことにしました(笑)

クラゲに魅了される

水族館が好きで、ふらっと行ったりします。ちょっと薄暗い中に、ライトアップされた色とりどりの魚たちが優雅に泳ぐ姿を見ているとリラックスできます。中でもお気に入りなのが「くらげ」です。触手に強力な毒を持っていて、刺されたら危険という怖いイメージがありますが…触らず見ているだけならとても魅力的な生物だなって思います。
たくさんのくらげたちが、ふわふわと浮遊しながらさまよっている様は、時間を忘れてついつい見てしまいます。体が透明で透けているから、ライトを照らすと様々な色に見えるのもとっても綺麗で良いですよね。
ふと、自宅にもクラゲ水槽があったらいいなあなんて思いました。クラゲの水槽をたまに見ながらの読書なんかできたら優雅で贅沢だなあなんて。調べたらクラゲって種類は多いけど、飼育できる種類というのは限られているようです。一般的にはミズクラゲ、タコクラゲ、カラージェリーフィッシュあたりが飼育するのには適してるみたい。
最近だと、クラゲ飼育セットが5~6万円ほどで販賣されているようで、それくらいなら買えるかなって思ったけど、やはりクラゲの飼育はなかなか難しいですよね…。寿命も早いと半年くらいらしくそれを聞いたら、自分で飼育するのは諦めようと思いました。なので、これまで通り、水族館でクラゲを鑑賞します!

発酵食品に興味津々

本や雑誌なんかに書かれてる情報に、すぐに飛びついてしまう私…。そんな私が今、飛びついてるいるのは発酵食品です(笑)
発酵食品は、善玉菌が腸内環境を整えてくれるのでお通じがよくなります。また腸内環境が整うことによって免疫力が高まるだけでなく、老化の原因といわれてる活性酸素を抑えてくれる効果もあるので、アンチエイジングにも良いみたいです。さらにさらに!発酵食品に含まれてるビタミンB群には代謝が良くなる作用があるのでダイエット効果もあり!?
これは…女性にはとってもよさそうですよね。積極的に食べるしかありません!
発酵食品といっても結構種類があるんですよね。改めて調べてみたところ有名なところで言えば、納豆、キムチ、チーズ、ヨーグルト。調味料だとお味噌、醤油、酢あとは日本酒、ワイン、ビールなんかのお酒も発酵食品のようです。チョコレート、生ハム、ウーロン茶や紅茶も実は発酵食品らしいです。知らなかった!
中には苦手なものもあるけど種類が多いから自分が好きなものを選んで食べればいいですよね。特に紅茶とチョコレートは朗報です!きついダイエットや美容法は続きません。美味しく食べてきれいになれたら嬉しいですよね(笑)

フェイスパックでケアする日々

最近、お風呂上がり、スキンケアの一貫としてフェイスパックをするようにしています。冷蔵庫でよく冷やした、洗い流すタイプの塗るフェイスパックが好きなのですが…コスパ的なことや、洗い流す手間を考えたら日常使いには使い捨てのシートパックがいいな、なんて。とりあえず、毎日しっかりやろうと思ったので続けやすさとコスパを重視してみました。
たまに高いパックをやるのより、大容量でコスパの良いパックを毎日したほうが良さそうな気が…と思って調べたら、デイリーケア用のパックは毎日使っても問題ないけど、スペシャルケア用のものは週一くらいが良いようです。私が購入した大容量パックは、やはりデイリーケア用のようなので毎日使ってみようと思います。
目的にあったパックを使用することが大事みたいなので、やはり乾燥ケアに力を入れていこうと思います。
お肌の乾燥はすべてのトラブルに繋がりそうですからね。パックを5~10分くらい使用するようにしてるんですが、その間読書をしてると、時間なんてあっという間!けどやっぱり指定時間は守る必要があるようで…長時間使用しているとかえってお肌に悪いんだとか。なのでちゃんとタイマーをかけるようにしました。なんでも使用用途を守らないと逆効果ですよね。

図書館、行ってみてください

みなさんは、図書館を利用していますか?私は昔から図書館が大好きでした。小さいころ、靴をぬいで一段高くなっている子供コーナーみたいなところがあって、そこでたくさんの絵本から好きなものを探して、のんびり読むことが好きだったんですよね。絵本も好きだったけど、その子供コーナーみたいなところの雰囲気がすごく好きで、小さなテーブルや椅子なんかもあって、かわいい感じでした。
学生の頃も、図書館の自習室をよく利用していましたし、大学の頃は、パソコン利用もできることもあってよく入り浸っていました。
図書館を利用したことがない、ほとんどしないという人がいますが…もったいないです(笑)図書館にはメリットがたくさんです。
まずいちばんすごいのは「無料」ということ!!施設を利用することも、本をその場で読むことも、借りることもぜーーーんぶタダです。買うとかなり高い本も無料で読めますし、中には絶版でもう手に入らない貴重な本だったあることがあります。
あとはやはり、本の種類の多さですかね。最近、本屋さんは本が売れないこともあり、半分が雑貨売り場になっていて置かれている本が少なくなってきています。一度図書館に足を運んで、その本の多さを見てほしいです。絶対、一冊は興味のあるものが見つかると思います。
本を読むメリットは、ここでは語り尽くせないので割愛しますが、非常にたくさんあります。本を読む機会が減っている方こそ、図書館へ行ってみてほしいです。タダです。しかも、空調がしっかりときいており、読書するには最適な場所まで用意されています。
あなたは特に何か用意することもなく、ただ図書館へ行くだけでいいのです。本当に利用しないのはもったいないと思うので、ぜひお近くの図書館へ行ってみてくださいね。

湿気、気をつけてますか?

本の大敵、湿気…。本って以外とすぐ劣化してしまうのはご存知ですか?
直射日光に当たり続けていれば、色あせが生じるのは知ってるから日陰においてるって人は多いかもしれませんが、実は湿度も重要だったりします。
電子書籍はさておき…本は基本的に紙でできていますよね。紙は水分を吸いやすく湿気に弱いですから、本も当然のように湿度が高いところに長期間保存していたら劣化しちゃいます。湿気を吸った本は、ページが歪んだりカビが生えます。さらにカビが生えると、カビを餌とする虫が発生します…。とてもよくないサイクルです。
大切な本はもちろんのこと、売ろうと思ってた本が劣化してたら売れなくなるなってこともあります。本を保管するにあたって最適な湿度は40%~60%と言われてます。70%を超えると高確率でカビが生えます。
乾燥する季節も加湿器使ってませんか?本のそばに加湿器を置くのはなるべく避けましょう。湿気対策としておすすめなのが、シート式の乾燥剤を本の下や間に設置することでしょうか。あとは一年に一度、本を開いて干すと良いです。これは湿気対策だけでなく虫対策にもなります。干すのが面倒くさい場合は、本をパラパラめくるだけでも多少効果あると思います。湿気、是非気をつけてくださいね。

コンプレックス

小説や漫画なんかの物語で、完璧で欠点がない主人公よりも、どこか欠点やコンプレックスを抱えてる主人公のほうが、感情移入もしやすかったり魅力を感じたりします。もしかしたら完璧な人にコンプレックス抱いちゃってるのかもしれません(笑)コンプレックスって誰しも、何かしら持ってたりしますよね。容姿面だったり、性格面だったりと…。私はもうありすぎて…(笑)
私が好きな恋愛モノのストーリーというか、ぐっとくるなと思うシチュエーションは、ヒロインがなにかコンプレックスがあったとしても、それを否定しないで、そのまま受け入れてくれるヒーローがいるお話です。案外、コンプレックスなんて気にしてるのは自分だけで、他人からみたらどうってことなかったり、むしろチャームポイントだったりするとはいいますが…やっぱそれでも気にしちゃうのがコンプレックスというものであって…。それを「気にしないで」とか「そういうところも好きだよ」なんて言ってくれると、思わずキュンとしちゃいます。場合によってはウルっときたりも…。なんかこう、愛されてる感が半端ないというか。だから恋愛モノだと、溺愛系とか甘々系が好きです。ヒロインが無茶苦茶に愛されて、可愛がられてるのをもっと読みたい…。

叙述トリックがおもしろい

私はいろんなジャンルの小説を読むんですが、ミステリーがわりと好きだったりします。一番は恋愛ものなのですが、ミステリーも恋愛ものもどちらもドキドキとするからでしょうか(笑)ミステリーだととくに「叙述トリックもの」が大好きです。読み手の先入観や思い込みを逆手に取って、気づけば作者の術中にハマってしまっている感じというか…。絶対見破ってやる!って思っててもだいたいキレイに仕掛けにはまって、見破れません。なんとなく違和感はあるけど…はっきりとはわからないという感じの危うさも嫌いではありません。多分見破るより、キレイにはまったほうが楽しめているのでしょうね。で、トリックがわかってからもう一度読み返すと、新たな発見や、伏線のきれいな張り方、回収に驚かされます。
叙述トリックものはどんなに流行っても、映像化されにくいという点がありますが、乾くるみさんの「イニシエーション・ラブ」の映画化は本当におどろきました。すでに小説は読んでいて、トリックの内容は知っていましたが、一体どういう方法で映像化するのかな?とおもったら…これはすごいですね。知ってても楽しめる内容ですし、これはわからないよなあと(笑)叙述トリック作品の映像化、難しいと思うけど他にもあれば見てみたいなと思いました。